富山県生活協同組合

見守りジュニア育成講座を開催しました。

富山県生協では、消費者庁が進める「消費者教育」の一環として「お金のたいせつさ講座」、また高齢化に伴い増えている認知症について正しい知識を身に付け、家族や地域での見守りによってみんなが安心して暮らせるまちづくりを進めるため「認知症サポーター養成講座」を開催しました。

この講座は、小学生とそのご家族や地域の方も対象としており、富山県の平成29年度多様な主体による連携強化・発展型の消費者教育事業の委託を受けています。

日時

会場

参加人数

8月22日(火)

10:00~12:00

定塚公民館

 

子供:9名

大人:4名

8月28日(月)

10:00~12:00

山室中部公民館

 

子供:22名

大人:10名

8月29日(火)

10:00~12:00

大布施公民館

 

子供:8名

大人:6名

 

①認知症サポート養成講座

はじめに、ダスキンヘルスレントさんから認知症についての寸劇が披露されました。この寸劇では認知症になってしまったおじいさんと、その家族のお子さんが登場しており、身近に起こりうることを想定した内容でした。また、『認知症』と『加齢によるもの忘れ』の違いが寸劇に盛り込まれており、コミカルな動きとセリフ回しに楽しく認知症について学ぶことができました。

寸劇の後は、地域包括支援センターの職員(東部会場は黒部市福祉課)から講義形式で認知症を詳しく学びました。認知症の約50%がアルツハイマー病から引き起こされていること、脳の細胞が壊れて「覚えられない」「すぐに忘れる」「時間や場所が分からない」といった中核症状が認知症の症状として当てはまることを学びました。

寸劇で楽しく認知症について学ぼう!(定塚公民館)

寸劇で楽しく認知症について学ぼう!(定塚公民館)

豆腐を買ってくるはずが、洗剤を買ってきてしまいました。これは物忘れでなく認知症ですね。。

豆腐を買ってくるはずが、洗剤を買ってきてしまいました。これは物忘れでなく認知症ですね。(山室中部公民館)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

認知症と物忘れの違いは??

認知症と物忘れの違いは?大布施公民館)

年齢を重ねると体にはどんな変化が起こるでしょうか??

年齢を重ねると体にはどんな変化が起こるでしょうか?

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

②お金の大切さ講座

 最後に富山大学生が講師となり、ちびまる子ちゃんのDVDを使ってお金の大切な使い方を学びました。参加者からはお小遣いを使うとき気を付ける事として、無駄使いをしないで本当にいる物だけ買うといった声や、騙されずに嘘の商品を買わないようにするといったアンケート結果もありました。

まるちゃんは何が欲しかったのかな?

まるちゃんはシャーペンが欲しくて家の手伝いを一生懸命したけれど・・・

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

参加者の感想

【大人】

・子供と一緒に参加し元気をもらいました。子供達に認知症を理解してもらえる為にこのような講座が広まって欲しいです。

・分かりやすくてよい勉強になりました。お友達にも今日のことをお話してあげたいと思いました。

・子ども達に見守ってもらえる事、とてもうれしく思いました。

【子供】

・無駄にお金を使わずに、大切に使っていきたいです。

・本当に買ったものが役に立つのか考えて買いたいです。

・だまされずにうその商品を買わないようにします。