富山県生活協同組合

2017ピースアクションinヒロシマ参加報告

2017年8月4日(金)~6日(日)、広島県広島市内で「2017ピースアクションinヒロシマ」(主催/日本生活協同組合連合会、広島生活協同組合連合会)が開催されました。富山県生協からは各ブロックの代表組合員3名を派遣し、ピースアクションのプログラムと広島市原爆死没者慰霊式並びに平和祈念式に参加しました。

詳しい報告はこちらから。

 

日程

内容

8/4(金)

 

①原爆ドーム周辺・平和記念公園を散策

②被曝の証言「入市被爆の新聞記者が伝えたかった被爆の実相」

8/5(土)

 

 

 

 

①原爆の子の像に折鶴を届ける

②国立広島原爆死没者追悼平和祈念館 見学

③平和記念資料館 見学

④ヒロシマ虹のひろば

8/6(日)

①平和祈念式典

②袋町小学校平和資料館 見学

③碑めぐり「平和記念公園内60分コース」

 

原爆ドーム周辺では地元の高校生たちが核兵器廃絶の署名活動を行っていました。(署名に協力する参加者)

原爆ドーム周辺では地元の高校生たちが核兵器廃絶の署名活動を行っていました。(署名に協力する参加者)

原爆ドーム前で地元ボランティアの方から原爆の被害についての解説を受けました。

原爆ドーム前で地元ボランティアの方から原爆の被害についての解説を受けました。

 

 

 

 

 

 

 

 

組合員のみなさんから寄せられた平和の折り鶴を「原爆の子の像」に奉納しました。原爆の日を前に、すでにたくさんの折り鶴が奉納されていました。

組合員のみなさんから寄せられた平和の折り鶴を「原爆の子の像」に奉納しました。原爆の日を前に、すでにたくさんの折り鶴が奉納されていました。

 

フィナーレでは、同日の午前に開催された「2017子ども平和会議」で話し合われたことをまとめ、子ども達が平和を求めるアピール文を発表しました。

フィナーレでは、同日の午前に開催された「2017子ども平和会議」で話し合われたことをまとめ、子ども達が平和を求めるアピール文を発表しました。