富山県生活協同組合

『“福島”の今を知る 報告・学習会』&福島県産農産品・水産加工品のミニ即売会

開催日
2014/03/01(土) 

担当者レポート

主催/富山県生活協同組合、
生活協同組合CO・OPとやま
参加人数/大人 107人

各生協で昨年11月に行なった福島への視察交流をきっかけに、CO・OPとやまさんと合同で「福島の今を知る 報告・学習会」を開催しました。
福島からは、コープふくしまさんより3名、NPO法人相馬はらがま朝市クラブさんより1名に富山へお越しいただき、福島の現状やこれまでの取り組みについてお話をしていただきました。
また、CO・OPとやま、富山県生協から福島の視察交流に参加した組合員さん4名から、視察の感想や今後の支援活動に対する思いを話していただきました。
最後に県内で音楽活動をされている「楽屋姫」さんのミニライブも行い、心に響く歌や震災復興支援にまつわる軽快なMCなどで会場は盛り上がりました。
会場内では、福島産の商品や震災関連の書籍販売、震災復興支援活動の紹介等も行いました。

コープふくしま日野理事からは、「原発事故による放射能汚染に向き合って」をテーマにお話いただきました。
NPO法人相馬はらがま朝市クラブ高橋理事長からは、「被災地の復興と自立に向かって」をテーマにお話いただきました。
福島視察交流に参加した組合員からの報告。
楽屋姫の演奏に思わず涙する方もいました。
福島産商品や書籍の収益金は、富山県生協連の活動募金とさせていただきました。
震災復興支援活動のパネル展示で取り組みの紹介をしました。