富山県生活協同組合

お話し会 「現代の社会をかしこく生きるためには」

開催日
2013/03/12(火) 

担当者レポート

主催/くらしを考える委員会
来場者/大人 27人
共同通信社富山支局長の五井さんに海外派遣生活をもとに暮らしぶりの違いや、食生活、日々の暮らしへのサービスの違いなどをお話していただきました。
富山のレストランなどで男性と食事をする場合、同じものを注文すると、男性から先に食事が出されることに驚いた。
他県では女性から出されている。レディファーストが当たり前。など参加者の皆さんも普段意識していなかったことで県民性のちがいなどを感じました。
お話の後、参加者からたくさんの質問があり、交流する事ができました。
お話し会「現代の社会をかしこく生きるためには」
共同通信社 富山市局長 五井憲子さん
お話し会「現代の社会をかしこく生きるためには」
海外で使われている日本語や、日本食レストランの話等もありました。
お話し会「現代の社会をかしこく生きるためには」
参加者から、事例を含めての意見質問がありました。
お話し会「現代の社会をかしこく生きるためには」
県外から富山に来られた方が、富山に来て驚いたことをお話しされました。