富山県生活協同組合

安心して住める「福島」を取り戻すための署名

開催日
2012/10/29(月) 

担当者レポート

主催/富山県生協連合会
 福島県生協連からの呼びかけに応えて、全国の生協で取り組んでいる「安心して住める『福島』を取り戻すための署名」の第1次集約分36万178筆(うち富山県生協分:2,093筆)を、10月29日に政府に提出しました。
福島県生協連の熊谷純一会長ほか10名が首相官邸を訪れ、署名を齋藤勁(さいとう つよし)内閣官房副長官に提出しました。また同日、福島県生協連は福島県選出の国会議員を訪問し、署名に記載されている項目について取り組みを行うよう要請しました。
 なお、10月に開催した「けんせいきょう祭り2012」の会場でご協力いただきました署(450筆)は、後日、第2次集約分として提出する予定です。
安心して住める「福島」を取り戻すための署名
熊谷福島県生協連会長(右)から齋藤内閣官房副長官(左)へ署名目録を贈呈。左端は、三谷光男 内閣総理大臣補佐官
安心して住める「福島」を取り戻すための署名
熊谷福島県生協連会長(手前)からの要請に答える齋藤内閣官房副長官(奥)