富山県生活協同組合

SDGs(エスディージーズ)学習会を開催しました。

開催日
2019/03/06(水) 
開催場所
富山県民共生センター サンフォルテ
主催
富山県生活協同組合

担当者レポート

3月6日(水)サンフォルテにて、日本生協連サステナビリティ推進部の新良貴 泰夫さんを講師にお迎えし、「SDGsの達成に向けて生協ができること」と題しSDGs(持続可能な開発目標)について学習しました。

今回の学習会では、SDGsについてあまり知らない参加者が大半のため、「SDGsがなぜ必要なのか?」「SDGsを進めると、世界がどのように変化するのか?」をお話され、私たちの普段のくらしの行動が、どういった形で世界の抱える問題に影響を与えているのかを考えるきっかけになりました。

また、生協の活動そのものがSDGsに繋がっていることについてもお話しされ、特に『エシカル消費』をすることで、森林破壊、食品ロス、プラスチック問題、二酸化炭素の排出、児童労働など多くの課題解決に結びつく過程を学びました。

最後に講師から、SDGsを進めるためには「マイポリシー」を掲げる大切さを教わりました。マイポリシーを掲げると、自分の購買行動などに変化が起きSDGsの目標達成(ゴール)へと繋がっていくのだそうです。終始学習会では、熱心にメモを取られる方や講師への質問も飛び交い、充実した時間を過ごした様子でした。

SDGsについて学んでいる様子

SDGsについて学んでいる様子

gj

生協の取り組みで解決できる社会課題って何かな?

 

 

 

 

 

 

 

 

 

sfsf

熱心にメモをとっている様子

あd

マッピングをすることでSDGsの目標達成(ゴール)と、生協の取り組みとの関連性が見えてきます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

あd

生協もSDGsへの取り組みが始まっています。