富山県生活協同組合

食の安心研究所

富山県生協では組合員さんへお届けする商品を生産、製造しているお取引先へ品質向上と安全確保のための支援を行っていきたいと考えています。
「富山県における地産地消の促進と地場のお取引先の育成を目的とした制度」として2006年6月に「食の安心基金」を立ち上げました。この制度は「安全なものを安心して食べたい」と願う消費者である組合員さんと、「安全なものをつくり続けたい」と願う生産者にお役立ちする為のものです。
同時にこの制度を運用する機関として「食の安心研究所」を設立しました。

explain-about

食の安心研究所の役割

  • 支援の対象となるお取引先の選定を行います。
  • 支援の内容について協議、決定します。
  • 相談対応と支援進捗確認をします。
  • 生産者・メーカー・行政・組合員の交流会等を開催します。

食の安心基金について

1. 支援内容

  • 品質管理向上を支援(設備投資の援助、専門家の派遣、工場点検等の支援など)
  • 有機認証、HACCP、ISO22000等の取得・維持の支援
  • 地産地消の促進

設備投資等の資金の貸付

内容

施設の新築・改修や設備の導入・修繕等に必要な
資金について、その一部を貸し付けします。

貸し付けは上限200万円まで最長5年とし、申し入れに対し無利子で貸し付けします。

申請例
冷蔵庫を新しく買い替える。
金属探知機の購入。
必要提出書類
1. 適用申請書
2. 借入申請書
3. 返済計画書

専門家による研修

内容
  1. 継続的かつ高度な課題について、専門家を入れて改善の取り組みを行う場合、その一部を補助します。
  2. 商品の品質確保の向上のための研修に参加する場合、その一部を補助します。ただし、他の補助制度との併用は認めない。

※補助金は1回につき上限3万円までの補助とします。(1社につき年3回まで)

申請例
コンサルティングを受ける。
従業員を対象とした社内研修。
必要提出書類

1. の場合

1. 適用申請書
2. 研修実施報告書
3. 改善報告書

2. の場合

1. 適用申請書
2. 研修実施報告書
3. 研修アンケート

工場点検費用の助成

内容

工場点検実施費用(※専門家の交通費等諸経費含む)を助成します。
県生協が外部専門家に依頼して実施する工場点検及び申告のあった会員を対象とします。

但し、取引先責任による重大クレーム発生時は対象とはしません。
また点検の際は当研究所が指定する専門家となります。

申請例
専門家からの改善提案を受けたい。
必要提出書類
事務局(076-443-8804)までご連絡ください

公的認証制度取得及び維持継続に対する資金貸付

内容

公的認証の取得及び維持継続に対してかかる費用を貸付します。
認証制度および機関によって費用が異なるため、認証取得もしくは維持継続にかかる費用に対し、貸し付けは上限を50万円まで最長1年とし、申し入れに対し無利子で貸し付けします。

申請例
HACCP取得。
ISO認証継続。
必要提出書類
1. 適用申請書
2. 借入申請書
3. 返済計画書

専門家紹介、助言

内容

課題により最新の法制度への対応、効果的な衛生管理技術の指導のできる専門家を紹介します。
他本制度とかかわりのある内容についての窓口対応をします。

申請例
食品表示について指導を受けたい。
品質管理の研修を行いたい。
必要提出書類
事務局(076-443-8804)までご連絡ください

2. 基金支援対象者

次の(1)、(2)のいずれにも該当する取引先

  1. 富山県内にて食品または、その関連する商品を生産・製造している
  2. 虹の会会員または食の安心研究所法人会員である

3. 資金調達について

この制度の運用を進める為に資金は組合員とこの制度の主旨にご賛同いただける方々の協力のもと資金を調達します。

項目内容(考え方)
組合員協力
(拠出金)
  1. 安心、地産地消を推進していく制度に対する基金協力と考えておりますので、制度の趣旨から利用割戻し金の一部を支援基金としてご協力していただく事で特別会員とします。
  2. 実施については総代会で確認いただき実施します。
虹の会
(協力金)
  1. 基金として協力補助金の拠出をお願いしていきます。
会員会費
(会費)
  1. 個人会員1,000円
  2. 法人会員5,000円
県生協補助
(補助金)
  1. 制度運営上の活動費として、補助金をお願いしていきます。
手数料
(その他)
  1. 検査仲介手数料、コンサルタント・施設設備紹介手数料、講演会・セミナー会費など

4. 運用機関

「食の安心研究所」がこの「食の安心基金」制度を運用します。

食の安心研究所について

1. 「食の安心研究所」の概要

食の安心研究所は「食の安心基金」の運用および問い合わせ対応、交流会等を計画・開催する機関です。

概要

名称食の安心研究所
設立時期2006年6月
設置場所富山県生協本部事務所(総合品質G内)
〒930-0837 富山市金屋555
TEL: 076-443-8804 FAX: 076-443-8810
位置づけ
  1. 富山県生協とは別機関とし、独立した機関として位置づけます。
  2. 任意の団体とし、現段階では法人格は持ちません。
組織構成内容会員制とします。
 個人会員…1口1000円以上の年会費のご協力をいただきます。
 法人会員…1口5000円以上の年会費のご協力をいただきます。
 特別会員…県生協組合員すべてが対象となります。
◆県生協組合員も個人会員となり総代会の参加など運営に参加する事ができます。
総代会年1回開催します。
 1. 活動報告・決算報告 2. 活動方針・予算決定 3. 役員選挙
役員会議役員会を設置します。幹事・監査全員参加とします。
監査監査は年1回とします。

2. 食の安心研究所の役割

  1. 支援の対象となるお取引先の選定。
  2. 支援の内容についての協議、決定。
  3. 相談対応と支援進捗確認。
  4. 生産者・メーカー・行政・組合員の交流会の計画・開催

3. 申請方法

富山県生協 総合品質G内「食の安心研究所事務局」宛に必要書類を添えて郵送、またはお届けしていただきます。ホームページからもお問い合わせ、受け付けすることができます。
申し込のあったお取引先から順次審査、協議、検討を行います。