富山県生活協同組合

安全確認基本5業務

富山県生協がお届けする商品は、この5つの安全確認基本業務で安全性を確認しています。

1. リスク予兆管理

 

産地・原料偽装や重大な商品事故などを未然に防ぐため、農林水産省などの行政情報、産地・業界情報を毎日収集し、兆候をいち早く察知するよう努めています。

2. 仕様書点検

仕様書※1に記載してある原料や表示が法令との関係で問題ないか、生協の自主基準である不使用添加物が使用されていないか、アレルゲンの見落としがないかなど点検しています。

※1 仕様書…

商品の原材料や使用添加物、製造工程などが掲載されている商品設計図のようなもの。

3. 工場点検

工場の衛生管理や品質管理が正しく行われているか、異物混入のおそれがないか、記録が管理されているかなどの確認を行っています。

4. 商品検査

微生物検査、理化学検査(残留農薬、産地判別等)などを実施し、お届けする商品の安全性の確認を実施しています。

5. 組合員対応

組合員からの商品に関する苦情のお申し出は直ちにインターネットを応用したクイックプロ※1システムで一括管理しています。そして、拡散性の監視や原因の調査・回答の管理を行い、状況に応じて各担当者と連携、緊急工場点検や緊急商品検査なども実施します。

※1 クイックプロ…
組合員さんからのお申し出を登録するシステムです。全国の主要生協が使用しているので、あるひとつの商品でほかにも同様のお申し出状況がないかを把握できます。