富山県生活協同組合

富山県生協の商品取扱い基準

富山県生協では「安全な商品を、安心して利用したい!」と言う組合員の願いにお応えするため、商品の取扱いに対する考え方を下記の様に整理し、取扱いを進めています。

良質の商品を提供するため、その中心に生協のPB(プライベートブランド)商品である「コープ商品」「コープ北陸開発商品」「県生協開発商品」や「産直商品」があり、さらにNB(ナショナルブランド)商品(一般市販商品)もあります。NB商品や市場手配の農産物などにつきましても、仕様書や産地などを確認し、県生協の食品添加物使用基準に沿った商品のみを取り扱っています。

  • 安全であること
  • 安心できる品質であること
  • 適正価格であること
  • 生鮮商品は新鮮であること
  • 環境負担が少なく、地域作りに寄与する商品であること

 

富山県生協では、より安全で、安心して利用できる商品をお届けするために、商品の独自の開発や、自主基準による「認定」等行っています。

1. 県生協開発商品

富山県生協の組合員さんが開発した、PB(プライベートブランド)商品です。
カタログ『ちゅーりっぷ畑』の商品名の横に、けんせいきょうマークマークがついています。

2. コープ北陸開発商品

富山県生協・コープいしかわ・福井県民生協の北陸3生協の組合員さんが協力し開発した、PB(プライベートブランド)商品です。
商品の包材やコープファミリーの商品名の横に、コープ北陸マークマークがついています。

3. 産直商品

産直商品とは下記の「産直3原則」を満たした生産者の商品です。

産直3原則

  1. 生産地と生産者が明確であること
  2. 栽培方法(肥料の種類や農薬の種類・使用など)や肥育方法が明確であること
  3. 生産者と組合員の日常的な交流があり、信頼関係があること

4. 安全安心認証商品

安全・安心認証商品ページ(コープ北陸事業連合)をご覧ください。