富山県生活協同組合

放射性物質問題への対応

「安全な商品を、安心して利用したい!」と言う組合員の願いにお応えするために

けんせいきょうでは『商品を通じて組合員のくらしと健康を守ること』を第一に、組合員一人ひとりのくらしにお役立ちすることを使命としてきました。
福島第一原発事故により放射性物質汚染問題が広がりをみせる中で、今後も組合員の皆様に安心してご利用いただくために、けんせいきょうでは必要な検査と情報提供に取り組みます。

放射性物質に対する考え方と対応について

放射性物質に対する考え方

国家レベルの緊急事態であることから、国・自治体の判断・指示に沿った取り扱い商品の対応と安全確認をすすめます。県生協として独自の放射性物質基準は設定しません。

商品の取り扱いについて

国・自治体検査データの日次での取得・点検を行い、お届け商品の安全確認をすすめます。

放射性物質検査について

放射性物質検査は国・自治体検査に依拠、一元管理を行うことを基本とします。 また組合員の安心確保を図る目的で、優先順位をつけて自主検査をすすめます。

組合員とのコミュニケーションについて

放射性物質問題に対する取り組みについて、放射性物質Q&A等の情報提供などコープ北陸と連携を図りながら、機関紙、ホームページ等での組合員広報を強化していきます。

被災地域支援について

原発被災地域をはじめとして東日本大震災エリアの生産者・取引先メーカーを支援していきます。

放射線・放射能・食品中の放射線物質問題についてのQ&A

日本生協連サイト「食品の安全Q&A」にてご案内しています。