富山県生活協同組合

東日本大震災復興支援

復興支援 10年の記録を発行しました

富山県生協では、東日本大震災の発生直後から被災地への支援を始め、震災と同時に起こった東京電力福島第一原子力発電所の事故の被害も受けた福島県を中心に復興支援を続けてきました。

被災地の方々からいただいた「忘れないで」という言葉と、復興支援活動にご協力くださった組合員、地域の方々の想いを受け止めながら続けた10年の活動を『私たちは忘れない ~東日本大震災から10年 出会いと絆~』にまとめ、2021年3月に発行しました。

復興支援活動のさまざまな取り組みの中で培ってきた出会いと絆が綴られています。この記録を通して、今一度東日本大震災について考え、さらに絆を強めるきっかけになれば幸いです。

thumbnail of 復興支援の記録_Web用_見開

私たちは忘れない~東日本大震災から10年 出会いと絆~

 

 東日本大震災復興支援募金(受付終了)

 富山県生協では、東日本大震災発生直後より復興支援のための募金を行ってきました。その内容は、被災地の方へ直接給付される義援金、学校図書館げんきプロジェクト、放射線量計寄贈プロジェクトなどの被災地のニーズに合わせた目的別の募金から、福島の子ども保養プロジェクト、復興支援視察・交流ツアー、学習会の実施など、生協が行う支援の活動募金へと変化してきました。
 震災から10年の節目を迎えた被災地の現状をかんがみ、東日本大震災復興支援募金の受付は、2021年3月でいったん終了いたします。
 募金の残りは、2021年夏に開催する予定の福島の子ども保養プロジェクトや復興公営住宅サロンの支援品購入など、引き続き福嶋支援活動に活用させていただきます。
 また新たに活動支援で募金が必要となった時は改めてご案内いたします。活動や募金にご協力くださった皆様、ありがとうございました。

募金受付期間2012年9月~2021年2月
累計金額5,801,659円
参加人数10,005人

 

募金を活用したこれまでの復興支援活動

これまでの復興支援1

これまでの復興支援2

これまでの復興支援3

これまでの復興支援4