富山県生活協同組合

2019ピースアクションinヒロシマ

ピースアクションinヒロシマ2019
ヒロシマの心を次世代のあなたへ
~知って、感じて、動き出そう~

日本生活協同組合連合会    
広島県生活協同組合連合会 主催

 

2019年8月4日(日)~6日(月)、広島県広島市でピースアクションinヒロシマ2019が開催されました。
富山県生協からは代表の組合員親子2組が参加し、ピースアクションのプログラムと広島市原爆死没者慰霊式並びに平和祈念式に参加し、平和について学びました。

開催目的

  • 74年前のきのこ雲の下の出来事、その後の歴史や復興への歩みなど「ヒロシマ」だからこそ感じる被爆の実相や被爆者の想いに触れることで、一人ひとりが動き出せるような取り組みを行います。
  • 「戦争も核兵器もない平和な世界」を求める願いを、世代を超えて交流・共有し、全国に広げます。
  • NPT再検討会議に向けて、被爆者の想いを届けるために「ヒバクシャ国際署名」を一人ひとりの行動につなげます。

日程

日程内容
8月4日(日)
  • 組合員から寄せられた平和の折り鶴を「原爆の子の像」へ奉納
  • 分科会「朗読と被爆の証言」に参加
  • 袋町小学校平和資料館 見学
 8月5日(月)
  • 分科会「碑(いしぶみ)めぐり」に参加
  • 平和記念資料館 見学
  • 「虹のひろば」に参加
 8月6日(火)
  •  平和記念式典に参列
  • 分科会「被爆の証言 サダコと折り鶴の話」に参加

 ▲ページトップへ

 

1日目

組合員の皆さんから寄せられた平和の折り鶴約20,000羽を「原爆の子の像」に奉納しました。

 ピースアクション① ピーアスアクション②

 

分科会「朗読と被爆の証言」

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

はじめに証言者・頼重 道夫(よりしげ みちお)さんから広島に原爆が投下された時のお話を聞きました。

頼重さんは直接被爆はしていませんが、当時は「黒い雨」が降ったエリアに住んでおられ、また、原爆の投下直後に放射能のことを知らずに広島市内に入り入市被爆しました。

原爆が投下された日は、頼重さんがいた地域からも強い閃光と原子雲が見えたそうです。
市内から大勢のけが人や遺体が運ばれてきたことや、建物疎開の作業に従事していた隣の家の男の子が全身に大やけどを負って帰宅し、そのまま亡くなった時の様子をお話してくださいました。
当時の子どもたちは貧しさから学校へ通えない場合もあり、通えたとしても建物疎開などの作業に参加しており、1945年8月6日の広島では、そうした子どもたちが大勢犠牲になりました。

また、終戦の日を迎えた後、閉鎖される陸軍病院へ行くとキャラメルやビスケットが配られ、自分たちの貧しいくらしに反してこんなにおいしいものが軍隊にはあったのか、と驚いたことや、
学校の近くや自分たちが住んでいる集落へアメリカ兵がやってきては、目の前でお菓子や缶詰を食べ、その空を子どもたちに向かってばらまいていったことをお話しされ、「そういう行為をどう思いますか?」と会場に問いかけられる場面もありました。

最後に、頼重さんは2016年に広島を訪問したアメリカのオバマ前大統領の言葉を引用し、「勇気をもって核兵器のない世界を追求しなければならない」と訴えられました。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA 証言のあとには『演劇集団ふらっと』の皆さんが、被爆者が詠んだ原爆の詩や、原爆を開発したアメリカの科学者たちの手記を読み、その背景にあるエピソードなどを紹介してくれました。

 ▲ページトップへ

2日目

平和記念公園 碑(いしぶみ)めぐり

写真 2019-08-05 9 35 07

2日目の8月5日の午前は、ボランティアガイドの恵美(えみ)さんの案内で平和記念公園内にある碑(いしぶみ)をめぐり、それぞれの碑にこめられた意味や、戦時中、原爆投下後の広島についてお話を聞きました。

平和記念公園のある場所がかつては繁華街で多くの犠牲者が出たこと、引き取り手のない遺骨が納められた碑があることなどを教わりました。

原爆ドーム2019
繁華街だったころの平和記念公園の場所の地図を見ながら

繁華街だったころの平和記念公園の場所の地図を見ながら

 

虹のひろば

午後からは、グリーンアリーナで開催された「虹のひろば」に全国から85生協1,300人が集まり、平和学習などの取組みについて交流を行いました。
前半の「虹のステージ」では、藤森俊希(ふじもり としき)さんが被爆の証言を行ったほか、千田小学校のみなさんが被爆樹木のカイヅカイブキで作ったパンフルートの演奏と合唱を披露し、市立基町高校や県立福山工業高校、ひろしま協創高校の生徒さんたちがそれぞれの取組みを発表しました。

虹のひろば2019

 

  ▲ページトップへ

3日目

被爆の証言 サダコと折り鶴の話

8月6日は、原爆投下の時間に合わせて行われた広島市原爆死没者慰霊式並びに平和祈念式典に参加しあたあと、「原爆の子の像」のモデルになった佐々木禎子さんの同級生・川野登美子(かわの とみこ)さんのお話を聞きました。

禎子さんは、2歳の時に被爆しながらもけがひとつ負わず、運動会のリレーで大活躍するような足の速い元気な子に育っていました。
しかし、6年生の時に体調を崩し、被爆したことによる白血病になってしまったという事が分かります。
川野さんたち同級生は中学へ進学しても禎子さんのお見舞いを続けていましたが、8月頃には禎子さんの身体に紫斑が現れるようになっていました。
そして10月25日、川野さんたちのもとに、禎子さんが亡くなったという知らせが届きます。
折鶴の話2019

川野さんたち同級生は、みんなでお参りできるよう広島市内に禎子さんのお墓を作りたいと考えました。同じ頃、広島の各地では原爆が原因の病気で亡くなった子どもたちがほかにもいることを知り、原爆のせいで亡くなった子どもたちすべてを慰める慰霊碑を建てることを決めました。
川野さんたちは広島で行われた全国校長会で手作りのビラを作り、慰霊碑づくりのための寄付を呼びかけ、その結果、慰霊碑をつくろうという運動は全国の小中学生たちの間に広がりました。
当時のお金で540万円もの寄付が集まり、禎子さんの死から4年後の昭和33年、「原爆の子の像」が完成しました。
禎子さんの逸話は世界中に広がり、「原爆の子の像」は子供たちが犠牲になることのない「平和な世界」を願うシンボルとして折り鶴が奉げられるようになっています。

 

 ▲ページトップへ

 参加者の感想

本田 ユン(小5)

 私は、ピースアクションに参加してとてもよかったと思っています。原爆の恐ろしさや力、今の核兵器の状況、広島の平和への思い、戦争のない世界などのことを、考えたり知ることが出来たからです。
 平和記念資料館に、被爆した時計や服、めがねなどがありました。それは元々、ふつうの物で大切な物ではなかったのに、原爆が落ちて、大切な物になりました。他にも、被爆者がかいた、被爆後の広島の様子を見て、本当にこんなことが現実に起こるのかと…。人が血だらけになってお化けのような姿になっていました。私より小さな子供の絵があり、その子は血だらけでお母さんといっしょにいました。こんなに小さいのに、こんなにも苦しい思い、痛い思いをしなければならないなんて、残酷すぎます。
 資料館の最後は、広島に落とされた原子爆弾の説明や、過去から現在の核兵器の状況、世界規模で交わされている核の条約についての展示でした。私がそこでおどろいたのは、核分裂したウランの量が4センチ角ほどの小さなキューブのようなものだったことです。でも、そのキューブが爆発することによって、人を無差別に殺しました。
 核兵器について、作らない・使わないなどの決まりを、世界レベルで、いくつか条約が交わされているにも関わらず、守られていません!色々な国と交わり、お互いの良さを知って、戦争のない、平和な世界を作りたいです。
 広島から帰ってきて、原爆についてのテレビ番組をよく見ています。でも、たくさんあると思っていたのに、あまりなくて、とても悲しくなりました。
 今の日本は、小・中学校は義務教育で、高校・大学でもたくさんの人が学んでいます。子供が自由に遊べて、習い事まで通うことが出来ます。でも世界には、紛争で、学校へも行けない子供達がいます。これは平和ではないです!
 〝虹のひろば″で聞いた、子ども平和会議の取り組みは、子供達で平和について話し合い、未来の平和につなげる発表でした。こんな活動を、私の小学校でもしたいと思いました。そしてお友達みんなへも伝えることを続けて、ヒロシマに起きた原爆のことを絶対に忘れないでいたいです。

本田 麻由子

 ヒロシマの原爆のこと、核兵器のことが、今まで以上に目や耳に入ってくるようになったのは、この企画に参加したからだと、今思っています。
 世界大戦が何から始まったのか?を学び、とうとう原爆が広島・長崎に投下されてしまった過去を振り返り、じゃあ!私達はこれから何をしていけば世界は平和になるのか…。
 碑めぐりでガイドの方が説明を始めると、私達に伝えたい被爆の内容や思いが強く、どの箇所へ行っても時間が足りなくなるほどでした。その思いを1人でも多くに伝え、世界に繋げて、核兵器禁止条約を有効な物にして行きたい。
 それには、民間レベルでも外国の方との交流を大切にしたり、核兵器禁止条約に賛成していない日本政府に関心を持って、微力であっても一人一人が変わらなければと思います。
 この度、拝謁記なる、初代宮内庁長官が昭和天皇との対話を書き残した貴重な資料をNHKが入手しました。そこには、公の場で語られてこなかった、戦争の悔恨や反省が綴られています。
 これからどうして戦争が始まってしまったのか?という詳細が解明されて行くことで、反省をし、今の当たり前に出来る幸せな人間らしい生活が、ずっと続く様に願っています。

桶田 歩(中1)

 ぼくは広島に行ってたくさんのことを学んできました。中でも広島平和記念資料館では単に物を展示してあるのではなく、物を通してその人の最期の言葉が伝わってくるように感じました。自分と同じ年頃の子の遺品もあって『もし、ぼくがここにいたら』と思うと恐ろしいと思いました。
 でも、原爆投下という出来事をおそろしいと思うだけの過去の物にしてはいけないと思いました。
 同じ過ちを繰り返さないために これから平和について深く考え、学んできたことをもっと多くの人に話をすることで事実を知ってもらい、今よりたくさんの人がもっと平和を願ってもらえるような社会にしていきたいです。

桶田 泰子

 今回参加したピースアクションでは『ヒロシマの心を次世代のあなたへ~知って、感じて、動き出そう~』をテーマに原爆投下という出来事を通して平和について、核兵器を巡る様々な問題についての理解を深めました。
 一瞬にして奪われた日常、甚大な被害、被爆者の苦しみ、遺族の悲しみ…広島で見聞きしたたくさんのエピソードで74年前にタイムスリップしたかのように『知って、感じる』ことができました。
 次は『動き出す』時です。子供たちが笑顔で暮らせる核兵器のない平和な世界になるよう私が動き出す番です。恥を承知で書きますが、私は核兵器に関するニュースに無関心でした。核軍縮?核不拡散??聞いたことはあっても中身は…。グローバルな話題は私にとってどこか遠いことと無関心でいた私がいました。
 平和な世界の実現に向けて、私たち一人ひとりに出来ることがあると思います。私は関心を持ち、自分自身の知識を増やす努力をします。今が戦前にならないように関心を持ち続けます。