富山県生活協同組合

内部統制システム構築に関する基本方針

富山県生活協同組合の理念「わたしたちは協同の力で、心豊かな共生社会を創ります。」を掲げ、理念に向けて組織全体で取り組んできました。富山県生 協創立五十周年を迎え、「組合員の笑顔、職員の笑顔」を大切にしながら更なるステップアップに取り組んでいきます。そのための基盤となる「業務の有効性及 び効率性」「財務報告の信頼性」「事業活動に関わる法令等の遵守」「資産の保全」を維持・向上していくことが必要不可欠であると考えています。

私達は組合員へのお役立ちを最大の喜びとしながら「けんせいきょう行動指針」を実践・深化することを職員の基本姿勢として、活動を進めともに学んでいきます。

これらの組織目標や経営基盤を構築・運用していくために、内部統制の取り組みにおいて、以下の通り基本方針を定め、組合員の信頼確保に向け取り組みを前進させます。

  1. 役職員の職務の執行が、法令及び定款等に適合することを確保するための体制を整備します。
  2. 役職員の職務執行に係る情報の保存及び管理に関する体制を整備します。
  3. リスク管理に関する規程その他の体制を整備します。
  4. 理事の職務が効率的に行われることを確保するための体制を整備します。
  5. 子会社等における業務の適正を確保するための体制を整備します。
  6. 監事監査が実効的に行われることを確保するための体制を整備します。

制定日2010年1月日
富山県生活協同組合
理事長 松浦 均