富山県生活協同組合

魚津市と包括連携協定を締結しました

12月1日、富山県生協とCO・OPとやまは魚津市と「包括連携協定」を締結しました。
また、魚津市に新しく完成するとやま生協の東部センターについて、災害時における救援物資集積場の設置及び救援物資の輸送並びに一時避難場所の提供の協力に関する協定もあわせて締結しました。

締結式では、村椿 晃 魚津市長より協定締結の感謝の言葉と「今年度策定した魚津市の総合計画では、民間の皆さんと連携して地域の皆さんがより便利に安心して暮らしていける環境づくりを目指しており、今回の包括連携協定をモデルケースにしていきたい」と挨拶をいただきました。

富山県生協 松浦理事長からは感謝の言葉と「今回の協定締結によって地域行政との連携について具体的に踏み出すことは新生協の誕生にとって非常に心強いものとなる。魚津市民の皆様、組合員、地域社会のお役に立てるよう奮闘していきたい」と挨拶をしました。

CO・OPとやま 小泉理事長からは感謝の言葉と「魚津市民の皆様の暮らしに貢献できる生協を目指していきたい。魚津市が東部エリアの拠点となるため、新しくできる東部センターをランドマークとしてがんばっていきたい。」と挨拶をされました。

なお、富山県生協とCO・OPとやまが自治体と包括連携協定を締結するのは魚津市が初めてとなります。

 

【魚津市との包括連携協定締結項目】

1.脱炭素社会の実現に関すること
2.地域見守りに関すること
3.高齢者福祉に関すること
4.地域福祉に関すること
5.子育て支援に関すること
6.女性の活躍推進に関すること
7.地域産業振興・支援に関すること
8.地域協働に関すること
9.災害時対応支援に関すること
10.その他、地域の活性化に関すること

 

左から 荻野理事(富山県生協)、松浦理事長(富山県生協)、村椿魚津市長、小泉理事長(CO・OPとやま)、百石理事(CO・OPとやま)

左から 荻野理事(富山県生協)、松浦理事長(富山県生協)、村椿魚津市長、小泉理事長(CO・OPとやま)、百石理事(CO・OPとやま)

 

IMG_4877 IMG_4878