富山県生活協同組合

新年のご挨拶

 新年のごあいさつ2021

 明けましておめでとうございます。組合員の皆様には、新春をお健やかに迎えられましたこと、心よりお慶び申し上げます。また、日頃より県生協の事業・活動にご理解とご協力を賜り、厚く御礼申し上げます。

 昨年は、新型コロナウイルス感染拡大という目に見えない不安の中、今までとは違う生活スタイルを模索した一年であったことと存じます。その中にあって、県生協は組合員のくらしに寄り添い組合員の期待に応えるべく、多くの方々のご支援・ご協力をいただきながら取り組みを進めてまいりました。また、昨年9月の臨時総代会ではCO・OPとやまとの合併についてご承認いただき、多くの方の支持と共感を得たものと受け止めております。心より感謝申し上げます。

 さて、本年は2022年4月1日でのCO・OPとやまとの合併を滞りなく進めるための重要な一年となります。合併後の新生協では「私たちは力を合わせ、誰も取り残さない、平和で心豊かな地域社会を創ります。」を理念に掲げています。今、私たちの社会は「人口減少」へと加速度を上げて突き進んでいます。そして暮らしの中で一人ひとりの関係性が変化していく中、支えられたり、支えたりする新たなコミュニティの創造が求められていると考えます。今こそ、組合員の生涯にわたるくらしへのお役立ちをさらに高め、富山県内の助け合いの組織「生協」が地域困難課題解決の一員として成長していくため、CO・OPとやまとの2022年4月1日合併という歴史的一歩を踏み出していきたいと考えています。そのために役職員一同、一丸となって合併準備を進めてまいる所存です。

 また、私たち生協がこの間進めてきた取り組みはSDGsの考え方と非常に高い親和性があります。県生協の事業・活動をSDGsの17の目標に重ね合わせながら、継続して一人ひとりが我が事として取り組めるよう精力的に進めてまいります。

 結びに、本年も変わらぬお力添えをお願い致しますとともに、組合員皆様のご健勝とご多幸を心からご祈念申し上げ、新年のご挨拶といたします。

令和三年元旦
富山県生活協同組合
代表理事 理事長 松浦 均 拝

OLYMPUS DIGITAL CAMERA