富山県生活協同組合

『輝くろべ』の誕生祭を開催しました。

輝くろべは、今年で開所5周年を迎え、利用者さんへの日頃の感謝も込めて『誕生祭』を開催しました。

はじめに、地元黒部のお寿司屋をお招きし「寿司バイキング」を楽しみました。今回は、富山県生協60周年事業の一環としても開催されたため、マグロ(トロ)の他、白エビ、ヒラメ、ホタルイカなど新鮮な地魚が勢揃いしました。大将の手際良い手さばきに興味津々の利用者さんや、お寿司を口にし、笑顔がこぼれる利用者さんが印象的でした。

職員からの出し物では、1年間を振り返る「スライドショー」や「踊り(炭坑節など)」の披露がありました。利用者さんの歌声と共に、「ヨイ!ヨイ!」と威勢の良い掛け声が会場に響き渡り、会場全体が盛り上がりました。

最後に石田施設長より、利用者さんへの日頃の感謝の言葉を述べられ、地域全体で利用者さんを支えることができる施設を目指すことをお伝えしました。

※新型コロナウイルスの感染リスクを考え中止も検討しましたが、利用者さんの開催したい思いを受け止め、外部からの来訪者を制限するなど、細心の注意を払い開催しました。

あだd

「寿司居酒屋いぶき(三日市)」さんによる寿司バイキング

あだ

見ただけで新鮮さが分かる寿司ネタの数々

 

 

 

 

 

 

 

 

 

あだd

大将より寿司ネタの説明をされています

だd

利用者さんも大満足!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

だだ

スライドショー

tannkoubusi

輪になって炭坑節を楽しみました

 

 

 

 

 

 

 

 

 

職員より

職員より、利用者さんへのメッセージ「いつまでも元気で」。会場に拍手が沸き起こりました。