富山県生活協同組合

富山市と「地域見守り活動に関する協定」を締結しました。

~県内15市町村の全てと締結!~

 富山県生協では、地域の方が安心して暮らせるよう見守り活動に取り組んでいます。そして、より迅速な対応を進めるために、県内の各市町村と「地域見守り活動に関する協定」(以下、「見守り協定」といいます。)を結んでおります。

 このたび富山市と富山県生協は「見守り協定」を締結する運びとなり、本日(平成30年10月22日)、富山市役所 福祉保健部長室にて「富山市地域見守り活動に関する協定書」調印式が行われ、福祉保健部長 酒井 敏行 様(富山市長代理)と富山県生協理事長 松浦 均が協定書を取り交わしました。

 調印後、福祉保健部長 酒井様より富山市長 森 雅志 様からのご挨拶が披露され、その中では生協が果たす役割への期待が述べられました。また、富山県生協理事長 松浦からは「富山県生協の事業環境全てを積極的に活用し、地域の子供さんやお年寄りの方々などのいろいろのお困りごとに素早く対応できるよう、助け合いの組織『生協』として、倦まず弛まず取り組んでいきたい。」と協定締結への謝辞を述べました。

 富山県生協は、平成26年4月に射水市と「見守り協定」を締結したのを皮切りに、県内の各市町村との「見守り協定」締結を進めてまいりました。今回の富山市との協定締結により、富山県生協は県内15市町村の全てと「見守り協定」を締結するに至りました。富山県生協では、いつまでも住み慣れた街、家で安心して暮らし続けられる地域づくりに貢献するため、県内をくまなく商品をお届けする宅配事業を中心に、今後も富山県生協職員全員で見守り活動を実践してまいります。

※「地域見守り活動」についての詳細はこちらをご覧ください。


 

代表理事 理事長 松浦 均より組合員・県民の皆様へのメッセージ

 本日富山市と調印させていただきました「見守り協定」を以って、富山県生協は、富山県10市4町1村全ての市町村と調印させて頂くこととなりました。平成26年4月1日に射水市との「見守り協定」調印に始まり、4年半をかけて本日の調印となり、あらためて全県民見守り活動の重責に身の引き締まるところです

 富山県生協の事業環境全てを積極的に活用して、県下すべての地域の子供さんやお年寄りの方々のいろいろのお困りごとに素早く対応できるよう、助け合いの組織「生協」といたしまして、倦まず弛まず取り組んでまいります。

 

福祉保健部長 酒井様(奥)と県生協理事長 松浦(手前)が協定書に調印

福祉保健部長 酒井様(奥)と県生協理事長 松浦(手前)が協定書に調印

左より、福祉保健部次長 山口様、福祉保健部長 酒井様、県生協理事長 松浦

左より、福祉保健部次長 山口様、福祉保健部長 酒井様、県生協理事長 松浦

出席者で記念撮影(左より、福祉保健部次長 山口様、福祉保健部長 酒井様、県生協理事長 松浦、専務理事 寺岡、富山ブロック理事 橋場、富山地区本部長 長坂、総合企画室課長 山口)

席者で記念撮影(左より、福祉保健部次長 山口様、福祉保健部長 酒井様、県生協理事長 松浦、専務理事 寺岡、富山ブロック理事 橋場、富山地区本部長 長坂、総合企画室課長 山口)