富山県生活協同組合

平和の願いをヒロシマに届けよう

富山県生協では、富山県生協連合会と一緒に「平和の折り鶴」を広島へ届ける取り組みと隔年開催される「平和のつどい」に参加してきました。
2015年度からは原爆が投下された8月6日に合わせて、広島へ直接折り鶴を届ける取り組みと全国の生協が集まり平和についての意見交流を行うピースアクションへの参加を実施しています。
昨年度は各ブロックから1名ずつの代表を派遣し、現地で体験したことを総代のつどいで発表していただきました。
その広島では、戦後72年が経過し被曝者の平均年齢も81歳を超えていることから、若い世代が被曝体験の継承活動に力を入れています。

2017年度ピースアクションの様子

 

そこで、今年度は若い世代に原爆の記憶を継承してゆくため、

  • (募集終了)8月に開催されるピースアクションinヒロシマへの参加者親子
  • 平和活動の支援募金
  • 平和の折り鶴

を募集しています。
詳しくはチラシPDFをご覧ください。 

この活動に関するお問い合わせは、
☎0120-80-4717 組織ネットワーク部 松室まで

 

thumbnail of 平和の折り鶴をヒロシマに届けよう