富山県生活協同組合

カーボン・オフセット実施のご報告

富山県生協では様々な環境保全の取り組みを邁進しておりますが、その取り組みの一環として、2008年度よりBDF(バイオディーゼル燃料)を利用した配送トラックの一部運用を行ってきました。しかし、対応車両の減少、故障率の高さから2017年度より運用を中止いたしました。
この度、BDFの運用中止に伴う2017年度中に増加したCO2について、富山市の発行するオフセット・クレジット(J-VER)制度を活用し、相殺することといたしましたのでお知らせいたします。

 

購入目的:BDF運用中止に伴い2017年度に増加したCO2を相殺するため
購入先 :富山市カーボン・オフセット運営協議会
購入量 :95㌧
     ※2016年度BDF使用量36,036㍑ CO2換算(係数2.624)で約95㌧
契約日 :2018年3月13日
購入日 :2018年3月20日

お問い合わせ先
富山県生活協同組合
管理部
磯村まで
TEL 076-443-8800