富山県生活協同組合

日本ユニセフ協会へ募金を送金しました!

【上部】シリア緊急募金のお礼状。【下段】一般募金のお礼状。

【上】シリア緊急募金のお礼状。【下】一般募金のお礼状。

 

富山県生活協同組合では、2017年度上期に取り組んだユニセフ募金の合計額173,794円(※前年度繰越金含む)を11月に日本ユニセフ協会に送金しました。募金内訳は、7月をユニセフ月間と位置づけ取り組んだ「シリア緊急募金」147,830円と、この期間外に寄せられた「一般募金」25,964円です。ご協力をいただきました皆さま、誠にありがとうございました。

送金した募金について、「シリア緊急募金」はシリア国内とシリアからの避難民を受け入れている周辺国において、感染を予防する予防接種、衛生環境を保つための衛生用品の配布、安全な飲料水の提供などに使われます。また、「一般募金」はユニセフの定めた優先順位に応じて、世界各地のユニセフの活動に活用されます。

 

富山県生協では、ユニセフ活動を推進するユニセフ倶楽部の協力のもと「新春の取り組み」を実施します。 1月15日~1月26日の期間『お年玉募金』『年賀状の書き損じ、使い残しハガキ、未使用切手の回収』を実施します。2月上旬には『カレンダーチャリティ販売』を各センターで実施します。世界中の子どもたちが十分なケアを受け、よりよい人生のスタートがきれるよう、新春の取り組みにご協力をお願いいたします。

※詳細は1月8日(月)~配布されるチラシをご覧ください。

 

<2017年度ユニセフ倶楽部の活動様子>

【フレッティまつり】

フレッティまつりでチャリティ販売をしました。

チャリティ販売をしました。

大勢の来客がありました。

大勢の来客がありました。売り上げの全額を募金しました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

【ユニセフのつどい】

紙芝居の様子

ユニセフ活動を知ることができる紙芝居を披露しました。

パネルでユニセフ活動

パネルでユニセフ活動を紹介しました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

平和の祈りをこめてビーズクラフトづくりをしました。

平和の祈りをこめてビーズクラフトづくりをしました。

募金も呼びかけました。

つどいでは募金も呼びかけました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

【けんせいきょう祭り】

チャリティーグッズ販売

チャリティーグッズ販売

クラフト体験コーナー

クラフト体験コーナー