富山県生活協同組合

『福島復興支援 視察交流ツアー』を開催しました。

2017年8月25日(金)~26日(土)福島復興支援視察交流ツアー開催しました。

 

 東日本大震災から6年。津波・地震とともに起こった原発事故は、今もなお福島の復興に大きな影響を及ぼしています。

今回参加団体は富山県生協連、CO・OPとやま、消費者協会、富山県生協の4団体の参加があり、全体で38名が参加しました。県生協からは、組合員、役職員あわせて19名が参加しました。途中で、郡山の高速道付近で「震災の語り部」として同行して頂くコープふくしまの組合員、役職員の方が乗り込みました。

 

〇視察日程

1日目被災地の視察・交流を通じて現状を把握しよう

①磐越自動車道、常磐自動車道を通って双葉郡富岡町へ

②双葉郡大熊町、双葉町、浪江町、内陸へ入って飯舘村を視察

③福島市飯坂温泉に宿泊

 

2日目買って福島を支えよう

①あづま果樹園 桃狩り

②吾妻の駅ここら JA直売所

②コープふくしま コープマート方木田店

 

1日目 浜通り~飯館村 

~ 津波と原発事故の被害を受けた地域と、避難指示が解除されたばかりの地域の視察~

 

1日目は磐越自動車道~常磐自動車道を通り、富岡町を目指しました。

桜の名所夜ノ森の桜並木です。

桜の名所夜ノ森の桜並木です。

今なお多くのフレコンバックが残っています。

今なお多くのフレコンバックが残っています。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

福島第二原発を遠くから眺めています。

福島第二原発を遠くから眺めています。

富岡町子安橋周辺では遠くから

第二原発を遠くに見る事が出来、

福島の抱える原発問題について

学びました。

 

 

 

 

復旧された富岡駅です。

復旧された富岡駅です。人影はありません。

新しくできたホテルです。

前回の福島視察ツアーではありませんでした。

新しくできたアパートです。

こちらも新しく作られた建物です。

 

 

 

 

 

 

この復旧された富岡駅周辺では人影がみられないにもかかわらず、

人が生活する建物が半年足らずで作られていました。

 

【浪江町請戸周辺・浪江駅周辺視察】

この地域は、平成29年3月10日に避難指示解除されたばかりの地域です。

一階部分が完全に津波に遭い仕切り戸がなく吹き抜けになっていました。

奇跡の避難を遂げた小学校と知られる請戸小学校です。一階部分は完全に津波に遭い吹き抜けになっています。

フレコンバックを焼却している施設です。

フレコンバックを焼却している施設です。

 

 

 

 

 

 

                         

黄色い

黄色いテープが貼られている箇所は崩れる恐れがあると警告しています。

黄色いテープは崩れる恐れがありと示されています。

浪江町商店街の様子です。人影がなく静寂に包まれていました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

まだ仙台方面しか電車が動いていません。

まだ仙台方面しか電車が動いていません。

 

 

 

 

 

 

4月1日には、6年ぶりにJR常磐線の浪江~小高間が運行再開され、復興は着実に進んでいると思われるかもしれませんが、浪江町の商店街通りは今なお震災当時のままの崩れそうな建物や人の影がなく本当の意味での復興=黄色いテープが貼られている箇所は崩れる恐れがあると警告しています。