富山県生活協同組合

アースデイとやま2017に参加しました

5月21日(日)にアースデイとやま2017が開催され、富山ブロック・西部ブロックの環境委員会さん4名と一緒に富山県生協も出展参加しました。

今回は、木製コースターに絵を描く「木工アート」と近年問題視されている「食品ロス」のアンケートを実施ししました。また、組合員さんとともに進めている環境活動の取り組みについても展示しました。

「木工アートは」富山県産の杉で作った直径9cmの木製コースターに子どもたちが思い思いの好きな絵やキャラクターを描きました。絵が完成したら紐を通し、世界で1つのメダルが完成しました。

食品ロスは、一般社団法人札幌消費者協会さんの食品ロス度チェック表を参考に、来場者の食品ロスに対する取り組みについてアンケートを実施しました。アンケートからは、8割の方が消費期限と賞味期限の違いを正しく理解していることがわかりました。

 

IMGP2498

アンケートには57名の方に参加していただきました

IMGP2506

お子さんにもシール貼り手伝ってもらいました

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

なにかこうかなー

なにかこうかなー

お母さんたちも木工アートに夢中です

お母さんたちも木工アートに夢中です